新型肺炎の感染拡大で旅行キャンセル、でもポジティブに乗り切る

世界各国でコロナウイルスによる新型肺炎が急速に拡大しています。この状況で、大沢も楽しみにしていた旅行をキャンセルしたひとりです。

感染を気にして楽しめなければ旅行に行く意味がないのでキャンセルしました。




増え続ける感染者数

はじめは「武漢という都市で感染症が流行っている」、遠い場所で起こっているような感覚だった新型肺炎。それから爆発的に感染者が増え、中国の旧正月で中国人観光客が世界へ出向き、あっという間に世界で感染が広がりました。

日本では小中高校の臨時休校、イベントの自粛、テーマパークまで休園になり今までにない事態です。

日本で働いていれば満員電車を避けられなかったりと、どこでどのように感染する可能性がわからない中での生活はストレスがたまります。

旅行をキャンセル

日本でもどんどん感染者が増えている今、去年から計画していた日本への旅行はキャンセルしました。楽天家の夫も今回ばかりは楽天的でいられなかったようでキャンセルに賛成してくれました。

  • 旅行を決行したとしても心から楽しめない
  • 無症状で知らぬ間に他人にうつしてしまう可能性がある

上記の理由からです。

どこでどう感染するかわからない新型肺炎。ワクチンもなく、インフルエンザの予防対策、それだけでは新型肺炎は予防しきれない気がしてなりません。

電車や新幹線に乗って遠出する国内旅行には行く気になれませんし、友達に会うことや外食など小さなことすら楽しめなくなってしまいます。

海外在住の私がさらに不安なのは、日本に渡航した人の隔離措置が始まる可能性も否めないことと、最悪入国拒否になる可能性もあるかもしれないことです。

気持ちを切り替える

こちらに来てから2年ほど日本には行っていないので、この旅行のキャンセルは辛かったです。

キャンセル料もかかりました。しかしこの事態は航空券を予約した時点ではわからなかったことですので後悔しても仕方ありません。

「旅行キャンセルでお金が飛んでった」「感染しないかもしれないのにキャンセルする必要はあったのか」などネガティブな部分に囚われるよりも、ポジティブな部分に目を向けるようにします。

たとえば、この旅行に使うはずだったお金を貯金できるとか、自宅でじっくり休養できるなぁなど、どんな小さなことでもポジティブに捉えると気が楽です。

旅行はたくさん楽しみたいしリラックスもしたい!新型肺炎の流行がおさまってから行った方が思い切り楽しめます。

すでに気持ちを切り替えて次回の旅行に想いを馳せています。

楽天家のカナダ人夫に学ぶポジティブに生きるためのヒント
日本人は遺伝子レベルで不安が強いらしい。ネガティブ思考を手放して一度きりの人生を楽しむためのヒント。

私はポジティブ思考に加えて、運動と掃除でさらに旅行にいけなかった悲しさを発散しています。