カナダ政府が緊急賃金助成金を2021年夏まで延長とCERB終了後の経済的支援

カナダ緊急賃金助成金(CEWS)が2021年の夏まで延長される事が発表されました。

Canada Emergency Wage Subsidy(CEWS)=カナダ緊急賃金助成金

CEWSは新型コロナウイルスの影響で売上が30%以上減少した企業に対し賃金の最大75%を保証する助成金です。




Canada Emergency Wage Subsidy(カナダ緊急賃金助成金)が2021年夏まで延長

12月まで延長が決まっていたCEWSですが、ジャスティン・トルドー首相が9月23日の会見で来年の夏まで延長することを発表しました。

この制度は今年3月から始まりコロナ禍で苦しむスモールビジネスや企業の存続を支えてきました。

カナダ政府は、100万人を超える雇用を創出するためにキャンペーンを開始し、雇用をコロナ以前のレベルまで回復させようとしています。

その雇用を創出する方法のひとつがカナダ緊急賃金助成金の延長です。

 

それとともに、Youth Employment and Skills Strategy(YESS)を大幅に拡大し、若者に有給の仕事を供給し雇用を創出するということです。

カナダ緊急対応給付金(CERB)は終了、今後は雇用保険(EI)を含むサポートが始まります

※最新の情報、詳細は政府のウェブサイトからご確認ください。

 

CERBは終了しましたが、政府は今後簡易化されたEIプログラムに移行する事を決定しました。

 

カナダに住む人々がもっと簡単にEIにアクセスできるように一時的な対策が取られます。

  • 最小失業率を13.1%として受給額が計算されます

→13.1%より失業率が高い地域は実際のレートをもとに計算されます

  • EIに申請するには過去の労働時間が120時間でも申請可能になりました

→受給資格を満たすために一度限りの300時間または病気、産休、育休や介護の場合480時間のクレジットがもらえます

  • 最小給付額は週500ドル・育児休暇を延長した場合は300ドル

CERB終了後、さらに経済的ヘルプが必要な場合

EIを受給するために

受給資格があるか決定するために、CERBが始まる52週間以前の各仕事のRecord of employment(ROE)を提出する必要があります。

MSCA(My Service Canada Account)に登録するとさらに情報を見る事ができます。

Service CanadaでCERBを受給していた人

CERBを受給していたほとんどのケースの場合はEIに申請する必要はなく、最後のCERBを受け取った後もレポートを続けます。

自動的に受給者のファイルとROEをレビューしてくれ、EIの受給資格があるか検討してくれるそうです。もし受給資格がない場合はメールで知らせてくれます。

例外

CERB終了後、EIに申請しなければならない人

  • SINナンバーが9からスタートする申請者
  • 自営業者
  • CERBのレポートにフルタイムの仕事に戻ったと申告した者

CERBをCanada Revenue Agency(CRA)を通して受給していた人

EIに申請する前に全てのCERBの支給を受け取る必要があります。最後のCERB対象期間が終わったらEIに申請することができます。

引用:カナダ政府Employment Insurance-COVID-19