【3月31日更新】カナダ国内の新型コロナウイルス感染者数、政府の対応など

世界的な新型コロナウイルスの拡大に伴い、各国で渡航制限や入国制限が始まりました。

カナダは現時点では、日本からの旅行者の入国禁止措置をしていません。

3月16日、ドルドー首相は記者会見で入国制限措置について発表しました。

現在のカナダ国内の感染者数、政府の対応などまとめました。

状況は日々変化していきますので必ずカナダ政府の公式サイト外務省の海外安全ホームページで最新情報をご確認ください。




カナダでの新型コロナウイルス感染者数

現在カナダ国内ではBC州、アルバータ州、オンタリオ州とケベック州でコロナウイルスの感染者が出ています。(2020年3月11日現在)

  • BC州39人
  • アルバータ 州14人
  • オンタリオ州36人
  • ケベック州4人

現在はマニトバ州、ニューブランスウィック州にも感染者が出ています。(3月13日現在)

BC州、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州、オンタリオ州、ケベック州、ニューブランスウィック州とプリンスエドワードアイランドで感染者が確認されました。(3月16日現在)

全10州で感染者が確認されました。3つの準州では感染者は確認されていません。(3月20日現在)

全10州で感染者が出ています。準州では、感染者がノースウェスト準州で初の感染者が確認されました。(3月21日現在)

(参照:CTVnews−Northwest Territories confirm first case of COVID-19,ban inbound travel

ユーコン準州で感染者が確認されました。(3月23日現在)

カナダ国内の感染者数はカナダ政府のウェブサイトで随時確認することができます。

新型コロナウイルスの流行、カナダ政府の対応

3月18日より非居住者の入国を禁止

✔︎ ドルドー首相が会見で入国制限措置などについて発表しました。(カナダ時間3月16日発表)

カナダへの入国制限について(COVID–19)

3月18日からカナダへの入国制限がはじまりました。
カナダ政府は現在、全ての不要不急な渡航、クルーズ旅行を避けるようアドバイスしています。

【3月25日更新】

カナダ入国者への対応がさらに厳しくなりました。

  • カナダへの入国者は14日間の自己隔離が義務となりました。(例外の職種あり)

※Quarantine Actに基づく法令義務であり、3月25日深夜から適応されます。違反者には罰則が適応されます。

  • 帰国者は空港からの公共交通機関の使用禁止

※プライベートな移動手段がない場合はカナダ公衆衛生当局と移動手段のオプションについて話し合うことができます。隔離する場所がない場合はChief Public Health Officerの指定する施設で隔離を行います。

  • 空港では到着者の連絡先の記載を求められます。自己隔離がきちんと行われているかランダムに調査が行われる予定です。
  • カナダ国籍者以外の不要不急の入国を6月30日まで制限。(永住権保持者、外交官、カナダ国民や永住権保持者の近親者、フライトクルー、第三国への乗り継ぎ、アメリカに14日間以上滞在していて無症状の者など例外あり)
  • カナダ国外への不要不急の旅行は推奨していません。
  • 症状のあるものはカナダへ入国を禁止。症状のあるカナダ国民と永住権保持者は飛行機には登場できませんが、陸路、列車、海路での入国は可能。
  • 症状がある人は係員が検疫間に連絡して必要な処置をする。
  • アメリカからの入国を3月21日から30日間制限。(仕事、就学、医療上必要などの場合は除く)
  • 国際線は、バンクーバー、カルガリー、モントリオール、トロントの4つの空港に限定されます。

カナダ政府ウェブサイト−旅行関連

https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice.html

カナダ政府ウェブサイト−入国制限に関して

https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/canadas-reponse.html

現在、カナダ政府は全ての帰国者に対して14日間の自己隔離を要請しています。

カナダへの入国者は14日間の自己隔離が法令義務となりました。

  • 国外からカナダへ入国したら14日間の自己隔離
  • 発熱、せき、呼吸がし辛いなどの症状がないか体調をモニタリング
  • こまめな20秒間の手洗い、せきやくしゃみをするときは腕で覆う

(参照:カナダ政府ウェブサイト−Travel advice

”ソーシャルディスタンス”ってなに?新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために必要な事
新型コロナウイルスの流行で、よく「ソーシャルディスタンシング」という言葉を耳にするようになりました。 でもいったい、「ソーシャルディスタンシング」ってなんなの?と思っている人も多いのではないでしょうか。 ...

学生ビザまたは就労ビザでのカナダ入国(3月31日追記)

3月26日から以下に該当する外国人も入国が可能になりました。

  • 有効な学生ビザまたは就労ビザを持っている方
  • 3月18日以前に発給の学生ビザの許可証または就労ビザの許可証を持っている方

※症状がある場合には飛行機に搭乗できません。カナダ入国後は14日間の自己隔離が必須です。

(参照:Travel restrictions and exemptions

せっかく入国できても入国後、症状がなくても14日間の自己隔離が必要(公共機関の利用は不可、買い物等も行けない)です。

必要不可欠なもの以外のサービスを提供する事業の営業も停止しています。

入国制限があるため、もしもの時に日本の家族に助けに来てもらうこともできません。留学やワーホリなどでカナダに入国する予定の人は、よく考えてから行動したほうがいいでしょう。

永住権を許可されたがランディングが住んでいない場合(3月31日追記)

3月18日以前に永住権を許可され、カナダへ入国していなかった方の空路もしくは陸路での入国が可能になったと発表がありました。

※症状がある場合には飛行機に搭乗できません。カナダ入国後は14日間の自己隔離が必須です。

(参照:Travel restrictions and exemptions




カナダ政府の新型コロナウイルス緊急経済対策

【3月18日発表】

カナダ政府はカナダの労働者と企業に直接的な支援を行うと発表しました。(COVID-19 Economic Response Plan)

  • カナダ児童手当(CCB)の増額
  • GST/HST Credit特別一時金(低所得〜中所得世帯)
  • 個人のタックスリターンの猶予期間の付与
  • 住宅ローンに関する支援
  • 失業保険(EI)の待機期間を一時的に廃止
  • 新しい先住民コミュニティ支援基金
  • ホームレス支援事業への支援の強化
  • 女性専用シェルターと性的暴行保護センターへの支援
  • シニアへの支援−RRIFsの最低引き出し金額を引き下げ
  • 学生または新卒者への支援−カナダ学生ローン返済の一時停止

参照:カナダ政府公式ウェブサイト(COVID-19 Economic Response Plan

 

【3月25日発表】

カナダ政府は緊急対策手当の支給を発表。

新型コロナウイルスの影響により収入を失った人などに毎月2000カナダドルを最大4ヶ月間特別給付します。(The new Canada Emergency Response Benefit)

対象者

  • 新型コロナウイルスの影響で失業した人
  • 疾病のために収入がなくなった人
  • 病人の介護や子供の世話をするために仕事ができなくなった人

自営業や、雇用されていても新型コロナウイルスの影響により収入を得ていない人なども対象になります。

※詳しくはカナダ政府のウェブサイトでご確認ください。−Support for Individuals

参照:カナダ政府公式ウェブサイト(COVID-19 Economic Response Plan

カナダ各州の新型コロナウイルスへの対応

州ごとに対応の仕方が違う場合がありますのでご注意ください。(デイケアや学校の休校、娯楽施設や公共施設・レストラン等の閉鎖、自己隔離など)

各州・準州の新型コロナウイルスへの対応に関するページ

BC州 CDC−Coronavirus(novel)

アルバータ州 Info for Albertans

オンタリオ州 The 2019 Novel Coronavirus(COVID-19)

ケベック州 2019 Coronavirus(COVID-19)

マニトバ州 Coronavirus

ニューブランスウィック州 Coronavirus

サスカチュワン州 2019 Novel Coronavirus(COVID-19)

ノバスコシア州 Novel Coronavirus(COVID-19)

プリンスエドワードアイランド州 Advisory-Coronavirus Infection

二ューファンドランド・ラブラドール州 2019 Novel Coronavirus Infection Outbreak Update

ノースウェスト準州 Coronavirus Disease(COVID-19)

ユーコン準州 Information about Coronavirus Disease(COVID-19)

ヌナブト準州 COVID-19(Novel Coronavirus)

カナダの空港における検疫強化

国際線の乗り入れを4つの空港に制限すると発表がありました。(バンクーバー、カルガリー、モントリオール、トロントの国際空港)

現在カナダ国内10カ所の空港でカナダに到着した人へのスクリーニングが行われています。

入国時スクリーニングが行われているカナダの空港

  • バンクーバー国際空港
  • トロント・ピアソン国際空港
  • モントリオール・トルドー国際空港
  • カルガリー国際空港
  • エドモントン国際空港
  • ウィニペグ・リチャードソン国際空港
  • ビリー・ビショップ・トロント・シティ空港
  • オタワ国際空港
  • ケベックシティ・ジャン・ルサージ国際空港
  • ハリファックス・スタンフィールド国際空港

さらに、電子入国審査機の質問事項に健康状態をたずねる質問が加わったそうです。

参照:カナダ政府ウェブサイト(Canada’s Response)

渡航者向けの注意喚起

カナダ政府は現在、全ての不要不急な渡航、クルーズ旅行を避けるようアドバイスしています。

カナダ政府が渡航者向けに出している注意喚起です。

Travel Advice and Advisories

レベル1…通常の注意・予防をする
レベル2…普段以上に注意・予防をする
レベル3…不要な渡航を避ける
レベル4…すべての渡航を避ける

 

カナダ政府はレベル3の”不要な渡航を避ける”が今出ている中で一番高いレベルになっていますが、日本政府は海外の一部の地域に渡航中止勧告を出しています。

各国の入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する情報は外務省 海外安全ホームページで確認することができます。

 

新型肺炎の感染拡大で旅行キャンセル、でもポジティブに乗り切る
世界各国でコロナウイルスによる新型肺炎が急速に拡大しています。この状況で、大沢も楽しみにしていた旅行をキャンセルしたひとりです。 感染を気にして楽しめなければ旅行に行く意味がないのでキャンセルしました。 (...
予防グッズが売っていない!コロナウイルスによる新型肺炎の影響はカナダにも
マスクも消毒剤も売り切れ?!慌てず騒がず、コロナウイルス予防に今すぐできること