カナダで視力検査を受けました

この記事は約3分で読めます。

皆さんは定期的に視力検査を受けていますか?

カナダでは検眼医の処方箋がないと眼鏡を購入することができません。こちらでは大型スーパーやショッピングモールに入っている眼鏡店で視力検査をすることができます。

私も初めて視力検査を受けてきました。




カナダで視力検査をしたい場合に行く場所

カナダで視力検査を受けたい場合は検眼医の元に行きます。

眼鏡店に検眼医がいる場合が多いです。「Optometrist」「Eye exam」と看板などに記載されているお店で視力検査してもらえます。

ショッピングモールや大型スーパーマーケットなどにもオフィスがあり、気軽に行く事ができます。

複雑な眼病治療になる場合は、検眼医からより専門的な治療を行う眼科医に紹介してもらえます。

Optometrist=検眼医(検眼と視力矯正のスペシャリスト)

眼科医はOphthalmologistといい、簡単にEye doctorと言うことが多いです。

予約が必要なところが一般的なようですが、Walk inといって予約しなくてもいいところもあります。

カナダで視力検査 その料金

視力検査の料金

カナダの大型スーパーに入っている眼鏡屋さんの検眼医の元で視力検査を受け、料金は85ドルでした。

これは国のメディケアではカバーされませんが、個人で保険に入っているか職場の福利厚生(ベネフィット)でVision careがカバーされているなら、そちらを使う事ができます。

私の場合はDirect billing(ダイレクトビリング)といって夫が職場で入っている保険会社に直接請求が行く形だったので、処方箋を受け取ってそのまま帰ることができました。

後で保険会社に請求するのが面倒臭い場合は、受付で自分の入っている保険会社がDirect billingに対応しているかどうか最初に聞いておくと安心です。




視力検査の流れ

まずは検眼医を予約して後日検査へ行く、またはWalk inの検眼医に行きます。

当日の流れは以下のようになっています。

①各保険会社の保険証を提出し、問診票に記入。本人確認のため口頭で生年月日を聞かれる。

②受付で空気がプシュっと出てくる機械で眼圧測定と、覗くと気球の見える機械で色々測定してくれます。

③検眼医のオフィスに呼ばれ視力検査。

視力検査の方法

片目ずつCのようなランドルト環が並んだ表を見るのではなく、椅子に座って壁に映し出されたアルファベットを読みます。

それが終わるとたくさんレンズのついた機械を通してさらに細かく視力検査。

検眼医の質問に答える時に使った英語はアルファベット、線がシャープ、右左、上下、ボヤけている、濃いなど簡単な英語でした。

最後に質問はないか聞かれるのでききたい事があれば質問します。

所要時間は約30分といったところ。

処方箋が出ていれば受け取って終了

眼鏡やコンタクトの処方箋が出ていれば受け取り、お会計があれば受付で支払いをします。

感想

検査の結果、視力は良いのですが乱視なので矯正眼鏡の処方箋が出ました。今まで眼鏡は必要ないと思っていたのですが眼鏡を使うようになり目の疲れが激減したので、今回検査を受けてよかったと思いました。

眼圧検査などもしてくれるので定期的に検査には行った方がいいですね。

私は極度の人見知りなのでこの検診に行くのが実は怖かったですが、受付してから淡々と物事が進んでいくためなんとかなりました。