カナダで眼鏡購入の流れとその値段

この記事は約3分で読めます。

日本でずっと眼鏡とは無縁で生きてきた私ですが、カナダに来て眼鏡の処方箋が出ました。

目を疲れさせないために、パソコンやスマホを使うときだけかけるように言われています。

大沢

この記事ではカナダでの眼鏡の購入方法と値段などについて書いています




カナダで眼鏡購入の流れ

カナダで視力検査を受けたい場合や眼鏡を作りたい場合、はじめに検眼医(Optometrist)の元で視力検査をしてもらい処方箋を出してもらいます。

検眼医は大型スーパーやショッピングモールの眼鏡店にあり気軽に予約できます。

カナダで視力検査を受けました
カナダで眼鏡を購入する際に必要な処方箋のもらい方。視力検査の費用と検査の流れ。




処方箋を持って眼鏡屋さんへ

検眼医の元でもらった処方箋を持って眼鏡屋さんへ行き眼鏡を購入します。(好きなフレームを選び処方箋のレンズを入れてもらう)

日本には、安くてお洒落な眼鏡が作れるチェーン店がたくさんありますよね。

しかしカナダにはそんな風に眼鏡を安く作れるお店はほとんどありません。

眼鏡屋さんでふと手に取ったフレームがブランド物で300ドルだったりします。そこにレンズの値段がプラスされます。

そしてここカナダではレンズの値段がとても高いんです。

見積もりを出してもらおう

眼鏡屋さんは本当にたくさんありレンズの価格もお店によって違うので、何店舗かまわって見積もりを出してもらうのがおすすめです。

処方箋を持っていき、好きなフレームを選んで店員さんに頼めば見積もり出してくれます。店舗によってセールをやっていたり、レンズを買うと指定のフレームが無料になったり様々です。

最初に見積もりを出してもらったお店では、レンズ代だけで430ドルもしました。(ブルーライトカットの加工を追加するとプラス40ドルでした)

次に行ったお店ではレンズ代が200ドルでした。(ブルーライトカット加工込み)その差230ドルですよ。やっぱり見積もり大事。

二番目に入ったお店のレンズが安かったことと、気に入ったフレームが30%オフになっていたので購入しました。それでも合計356ドル。もちろん処方箋によってレンズの値段も変わってきます。

サングラスも処方箋を持っていけば自分の度数に合わせて作ってもらえます。

購入を決めたら、店員さんが瞳孔間距離測定(PD測定)を図ってくれます。そしてお会計。

こちらもEye examと同様、入っている保険会社や職場のベネフィットがDirect billingであれば、その場では支払い無しまたは上限を超えてしまった金額だけを支払います。




眼鏡を受け取るまでの日数

仕上がりですが、ほとんどのお店で注文から2〜10日かかるようです。

注文から30分〜1時間で受け渡しというスピーディなお店もあります。(レンズにオプションを付けると5〜10日)

眼鏡は日本で作った方が安い

カナダで眼鏡を作るとかなり高いです。フレームは安いものがあるにしても、レンズの代金がべらぼうに高い。

私は2店から見積もりを出してもらい、夫の職場の福利厚生(ベネフィット)でカバーされる金額以内に収まるようにしました。

個人で保険に入っている、または職場の福利厚生でカバーされる場合は無料または保険からオーバーしてしまった金額を支払うだけで済むのですが、保険に入っていない場合は日本で作ってきた方が断然安いのではないでしょうか。

オンラインショップもおすすめです。