予防グッズが売っていない!コロナウイルスによる新型肺炎の影響はカナダにも

じわじわと感染がひろがりつつある新型肺炎。

マスクや消毒液が手に入らない今、感染予防にできることは他にないのか調べてみました。




感染予防グッズが手に入らないのは日本だけじゃない

日本の家族や友達から、「マスクと消毒ジェルがどこにも売っていない」と聞きました。こちらから送ってあげたいところですが、カナダでも予防グッズは売り切れ続出なんです。

もともと予防にマスクをする習慣がない国なので、ドラッグストアには日本のようなマスクが売っていません。薬局で買えますが、大容量の医療用のマスクを店員さんに裏から出してきてもらうことになります。

しかし、近所の薬局では医療用マスクも売り切れです。カナダでは外でマスクをしている人を見かけないのになぜ!?

私の住んでいる街には、ダイソーの商品を売っているOOMOMOというショップがあります。

以前はこちらのOOMOMOで日本のマスクが買えましたが、コロナウイルスが流行り出してから全て売り切れています!




消毒ジェルはこんなところにまだあった

薬局やスーパーマーケットでは消毒ジェル(ハンドサニタイザー)がきれいさっぱり売り切れています。入荷しても次の日にはなくなります。

しかし、売り切れだからと諦めるのはまだ早いです。

Bath&Body worksというキャンドルやバスグッズを販売しているお店には、ミニサイズの香り付きの消毒ジェルがまだ売られています。アルコール入りで99.9%殺菌と書いてあったので、匂いが気にならなければおすすめです!

コロナウイルス 、効果的な予防方法は?

カナダの政府は感染を防ぐためにできることを以下の三つとしています。

  • 石鹸と水で20秒間手を洗う
  • 目、鼻、口を洗っていない手で触らない
  • 病気の人との接近を避ける

カナダ政府公式ウェブサイト:Coronavirus infection

その他の予防法はこちら↓

洗っていない手で顔を触らない

マスクをしていても、洗っていない・消毒していない手で顔に触れてしまえば感染のリスクは高まります。感染症は鼻や口だけでなく目の粘膜からも感染することがあるそうです

目からも感染するってこと、知りませんでした。

しかし、感染していても無症状の場合があるということなので、やっぱり感染拡大予防にマスクは必要なのでは…?と思ったり。




免疫力を高めておく

免疫力が低下すると、感染症のリスクが高まります。

マスクが売り切れ!消毒液が売り切れ!そんな中、今すぐできるコロナウイルス感染予防の対策は免疫力を高めることかもしれません。

免疫力アップには、ちゃんとご飯を食べてよく寝ることが大事!

風邪・感染症予防といえばビタミンCのイメージですが、ビタミンAやビタミンDも忘れてはいけません。

人参に多く含まれるビタミンAには体内の粘膜を正常に働かせる作用があります。そして、ビタミンDには免疫機能を調整する働きがあるとされています。

サプリメントだけでなく、一日5分から10分の日光浴(紫外線の少ない冬は60分)や干したきのこを食べることでもビタミンDを摂取することができます

ミニマルな生活に繋がるプラントベースホールフードの食事
身体にも環境にも優しい食のミニマリズム

粘膜の乾燥を防ぐ・粘膜を守る

喉や鼻の粘膜は空気が乾燥した状態だと正常に機能しなくなってしまいます。

水分をこまめにとること、加湿器を使い適切な湿度(50〜60%)を保つことなどで対策ができます。

喉が乾燥して辛いとき、風邪をひきそうなときの喉ケアに最適な飲み物
風邪のひき始めや喉を使いすぎた時に飲むといい感じ。乾燥がひどいカナダで見つけた、ほっこり美味しい喉を潤すハーブティ。飲み方や成分、効能、注意事項を紹介。

人混みを避ける!

外出は必要最低限にして人混みを避けることは基本ですね。

これが一番確実な予防法だと思います。

換気をする

車内、住まいの換気をこまめにする。

さいごに

手洗いや手の除菌をしていても、身の回りのもの、携帯電話やパソコンが菌だらけなんてこともあるかもしれません。

こまめな手洗いと、触った物の消毒、体調管理などにいつもより気をつけて感染を防ぎましょう。

焦ってマスクを買いに大行列に並ぶより、単純に外に出ないほうがいいかもしれませんね。

新型肺炎の拡大が早く終息しますように。