元片付けられない女が感じた手放すことで生まれる効果

老後2,000万円問題が話題になっている中ミニマリズムに興味を持たれる方も多いのではないでしょうか。

ミニマルな暮らしを実践すると、金銭的なことだけでなく精神的な面にも良い影響があることに気づきました。

今回は私がミニマリズムによって得られた効果をお話ししたいと思います。




そもそもミニマリズムって何?

生活の中にある不要なものを減らし、本当に必要なもの大切なものだけに焦点を置くことを言います。

それを生活に取り入れている人をミニマリストと言います。

元々ミニマリズムは1960年代に音楽やアートの分野から広まり、ファッションにも取り入れられたとされています。2009年頃アメリカで二人のミニマリストから成る「The Minimalists」という提唱者が現れたことで、ライフスタイルとして定着していきました。

ミニマリズムは持ち物を減らすことだけが目的ではなく、物への執着を取り払い本当の自由を手にすることを助けてくれるツールなのです。

 

この記事では私が実際にミニマリズムを取り入れてみて生まれたメリットを簡単に紹介しています

家事が格段に楽になり収納テクニックも不要になる

私はいわゆる汚部屋育ちです。

片付ける、掃除をするという概念がなかったため、独身時代の部屋は荒れ放題。「ゴミはゴミ箱に捨てる」「服はクローゼットにしまう」というレベルのことも恥ずかしながらできていませんでした。

ミニマリズムを実践する前は家事をするのが面倒臭くて・・物が多いとどうしても掃除や片付けの工程が多くなってしまうんですよね。

物をどかして掃除機をかける、大量の洗濯物を干す、そして簡単に散らかってしまう部屋に心底うんざりしていました。物が多くてもきちんと掃除や整理整頓ができる人ならいいんですけどね。面倒臭がりの私には物が少ない部屋がちょうどいいんです。

物が少ない部屋の掃除と片付けは本当に楽です。無駄な収納用品も、収納テクニックも不要!

掃除の時間が短縮されることで、面倒だった家事が毎日少しやるだけで終わるようになったので「面倒臭いから今日はやらないでおこう」「後で一気にやろう」と後回しにすることもなくなりました。

急な来客があっても平気なお家に変身です。

ミニマリスト流もてなさない”おもてなし ”
来客が来た時あなたはどうしていますか?いつも通りにしていれば大丈夫。見栄を張るから辛くなるのかも。
洗剤のストック&テクニックいらずミニマリスト主婦の水回り掃除法
家にあるものと繰り返し使えるアイテムで水回りのお掃除
脱ズボラ!なんにもない冷蔵庫ならたった5分で掃除できる
1週間分の食材を買って使い切る生活をしています。冷蔵庫の中身を毎週ほぼ空にする習慣と、洗剤いらずのシンプルな掃除方法で冷蔵庫の掃除がもっと楽に簡単になる!




執着を手放すと良好な人間関係が手に入る

「不要なものを手放す」「必要なものだけ手元に残す」には人間関係も含まれるのではないでしょうか。

以前の私は人見知りであるにも関わらず無理をして、「不要な人間関係」「上っ面だけのやり取り」「見栄の張り合い」に時間とエネルギーを浪費していました。

上辺だけの”友達”が200人以上いたSNSも一旦全て削除しました。

ミニマリズムを取り入れてからは無理をせず、自分が会いたい・関わりたいと心から思える人だけと連絡を取り合っています。親族に関してもそのスタンスで、無理をせずに付き合うようにしています。

そうすることで面倒ないざこざにも巻き込まれず本当に大切な人たちと質の高い付き合いができるようになります。大切な人たちだけに時間を割けるのって幸せなことです。

自然と節約できるようになる

家の中が物で溢れていると、頭の中も整理されず既に家にある物をまた買ってきてしまい更に物が溢れるなんてことありませんか?必要な物しか持たなければ、何がどこにあるか一目瞭然。無駄買い防止に繋がります。

必要なものしか買わなければ、そのような事を防ぐ事ができ結果的にお金の節約につながります。

出て行くお金は毎月だいたい同じくらいになるので家計がシンプルになります。出費が減ったので我が家のずぼら会計でも自然とお金が貯まるようになりました。

支出の把握が格段に楽になるので大雑把な性格の人や面倒くさがりの人にミニマリズムはとてもおすすめです。

家族や友人にもミニマリズムは伝染する

私が不用品を捨てて物が少ない部屋で生活するようになってから、私の部屋に来たことのある両親や友人が片付けのアドバイスを求めてくるようになりました。ミニマリストとまでは行かないものの、あれだけ物を溜め込んで汚部屋だった実家も数ヶ月後には見違えるように綺麗になり現在もそれを保っています。

実家が綺麗になったのは嬉しい誤算でした

友人も片付けに目覚めたようで、掃除の進捗状況を報告してくれています。
結局みんな「物がないと落ち着かない」とかなんとか言ってても綺麗な部屋が好きなのかもしれません。

片付けが苦手な人や掃除が苦手な人も、綺麗な部屋に住みたいと心のどこかで思っているんです。

ストレスから解放!心身共に健康になった

 

今住んでいる賃貸はそんなに広くないので、着倒した服や使い古したタオルを雑巾代わりにして床を手拭きしています。床を手で水拭きすることで体を動かすことにもつながるので健康的だなと感じます。

以前大量の物に囲まれて暮らしていた頃は喘息や蕁麻疹などに悩まされていました。
しかし余分な物がなくなると掃除が簡単でホコリが溜まりにくくなるので、体調も良くなりました。

物が少ない部屋は盛大に散らかる心配もありません!

たくさんのものに囲まれていた頃は部屋が散らかりやすかったです。さらに散らかった部屋をどう片付けたらいいかわからずにイライラしていました。ミニマリストになってからはそういうストレスから解放されました。

心に余裕ができると他人にも優しくできます。

無駄なことにエネルギーを使わず有意義な人生を過ごせたら幸せですね。

ミニマルな生活に繋がるプラントベースホールフードの食事
身体にも環境にも優しい食のミニマリズム