カナダで超音波エコーを受けてきたのでレポします

先日、ドクターから骨盤内エコー(ウルトラサウンド)の指示があったので受けてきた大沢です。

カナダで婦人科を受診したい時の流れと、筆者の体験談
カナダで病院に行きたい!カナダで病院を受診する流れをお伝えします
骨盤内(子宮・卵巣)エコー=Pelvic ultrasound

どんな風にエコーの検査が行われるのかわからないと不安ですよね。しかもカナダで。私は人が多い場所に行くのが苦手な上にかなりシャイなのと初めての海外でのエコー検査に(しかも婦人科系)、緊張と不安で吐きそうになってました(笑)

私と同じように不安になってしまう人のために今回は私が受けた検査の様子を書いています

妊婦さんのエコーも同じだと思うので、少しでも誰かの参考になれば嬉しいです。




電話かオンラインで予約

ドクターからリクエストの紙(Requisition)をもらったら、そこに記載されているラボを予約します。

ラボによりますが、電話かオンラインで予約できます。

オペレーターの方に予約したいことを伝えるとヘルスケア番号などを聞かれますので答えましょう。

電話対応が不安ならパートナーなど家族にかけてもらってください。全然恥ずかしいことじゃありませんよ!私は夫にかけてもらいました(笑)

通常カナダでは救急外来に行かない限り、ファミリードクターかウォークインクリニックのドクターから指示がないと血液検査やエコーが受けられません。専門医に診てもらいたい場合も紹介が必要です。

カナダは病院で血液検査をしない?カナダで血液検査を受ける流れと費用
カナダで血液検査を受けるときにすること。費用や検査結果の聞き方。




用意する物

検査当日に必要だったもの
✔︎写真付きID(パスポート・PRカード・州免許証など)
✔︎ドクターからのRequisition
✔︎ヘルスケアカード

当日の流れ

検査前のこと

これは筆者の体験談ですので参考程度にお読みください
  1. 予約時間の90分前から水を飲み始めます
  2. 予約時間の60分前までにカップ4杯の水を飲み終えます
  3. 予約時間の15分前に受付を済ませます

受付ではIDなどの他に口頭で住所と電話番号を言いました。

この水を飲むのは経腹エコーのために必要で、膀胱をいっぱいにしないといけません。

私の膀胱は検査30分前にはパンパンになってしまい待合室で悶えていました

超音波エコー検査中のこと(体験談)

①技師さんに名前を呼ばれたら付いて行きます。(私の膀胱は爆発しそうでした)

最初は技師さんが自己紹介してくれて「How are you?」と聞かれるだけなので怖がらなくて大丈夫です

とりあえず名前と生年月日や症状など色々聞かれますので答えます。わからなかったらSorry?とか言って聞き直せばOKです。技師さんは大体優しいです。(そしてトイレに行きたいですと訴えます)

連れられて入った部屋は間接照明の明かりでムーディでした。これは日本よりいいですね。落ち着くので。お腹を曝け出す恥ずかしさも減少。

経腹エコーと経膣エコーで子宮と卵巣の様子をチェック

②ベッドに仰向けにになってお腹を出し暖かいジェルを塗って、経腹エコーをしてくれます。終わったら体にかけていたタオルを使い付着したジェルを自分で拭き取ります。

お腹がぷよぷよ(私のこと)でもカナダの技師さんは色んなタイプの体型の人、人種に慣れているので恥ずかしがらず安心していいと思いますよ

経膣エコーでは膀胱を空にしないといけないので、経腹エコーの後は念願のトイレに行けます。思いっきり出しましょう。ここで空っぽにしないとまたトイレに行って出してきてと言われてしまいます

日本より恥ずかしくなかった経膣エコー

③経腹エコーが終わったら経膣エコーをしました。これが日本とは違いました。

日本では産婦人科で検査しますので、あの独特の自動で足がウィーンって開く椅子がありますよね。

しかも明るい部屋で、医師と看護師の前で自動ご開帳〜じゃないですか。(この椅子が苦手っていう人多いのではないでしょうか)

カナダのラボで検査した私の場合、経腹エコーしたベッドで経膣エコーも行われました。お尻の下に傾斜のついたクッションが敷かれます。

技師さんが説明してくれますが、下半身スッポンポンになってベッドに仰向けになり渡されるでっかい紙で下半身を覆います。用意ができると技師さんが来て検査開始。

日本のご開帳スタイル(婦人科検診椅子)とは違い、カナダ式経膣エコーでは技師さんにお股を見られることはありませんでした!下半身を覆った紙をずっとかけた状態で検査してくれました。最高です。

それから、エコーの棒は自分で挿れます。(技師さんが棒を持った状態で患者が挿れる)
体についたジェルもティッシュを渡されて自分で拭きます。日本の検査より恥ずかしくなくてGOOD!

そんなことに感動したところで30分ほどの検査は終わりました。

ヘルスケアに加入していると無料なので、いつものようにお会計もなくサーッと帰ります。(ヘルスケアの加入していないと州によりますが300ドル〜500ドルといったところ)

検査結果は問題がある場合のみ連絡がある

検査結果は1週間以内にクリニックにいくと言われました。検査の結果はクリニックのドクターが見て判断するのではなく、ラボのプロが見た診断結果がクリニックに送られるそうです。

問題があればクリニックから連絡があります。血液検査の時もそうでしたが問題がない場合は連絡が来ません。

終わりに

私は日本の婦人科で経膣エコーをしたことがありますが、お医者さんにカーテン越しに明るい診察室でご開帳するの本当に恥ずかしかったです。大体お医者さんは男性が多かったですしね。

なのでカナダスタイルの方が私はリラックスできて好きですね〜。

技師さんは私が行った施設では皆女性でした。

血液検査の施設もそうですが、カナダでは検査技師に女性が多いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました