日本もカナダも似たり寄ったり義両親との関係は世界共通の悩み

この記事は約4分で読めます。

国際結婚をしている大沢です。

海外では義理の両親との関係がさっぱりしていると思ったのですが現実は甘くありません。

嫁姑問題とまではいかなくても、パートナーと結婚して日本から海外にやって来た方の中には外国人であるパートナーの両親とは何かと意見が食い違う場面に出くわし神経をすり減らすかもしれません。




どんなことがバトルの引き金に?

結構多いのが衛生観念の違いから衝突

国が違えば習慣も違います。しかし、掃除をしない、シャワーを浴びない、洗濯をしないで同じ服を着続けるなど度を越すと苦痛以外の何物でもありません。日本人が綺麗好きすぎるだけ?

筆者の姑は床を拭いたタオルで食卓を拭きます。

ケース1:過干渉

知り合いの義両親は、何から何まで口を出すタイプ。

ウェディングも子供の教育も全て義母の指示に従わなければならなかったそう。

ケース2:無関心

子供夫婦にも孫にもあまり興味がない義両親も存在します。

孫の誕生日会にすら顔を出さないなんて人も!

ケース3:自国の文化を押し付けてくる

例えば、「カナダでは女性もバリバリ働かなければならないのよ」など何かにつけて「カナダではこうなのよ!」と言ってくる義両親もいます。

郷に入っては郷に従えとは言いますが、国際結婚なんだからお互いの文化を尊重し合うべきなのでは?と思ってしまいます。

こうして見ると日本の嫁姑問題と大差ありませんね。

国際結婚だからこそ出てくる問題

言葉の壁

お互いに言っていることがわからないのでフラストレーションが溜まり、義両親との間に問題が勃発するなんてこともあります。こればかりは普段の生活で自分も困ってしまうので、ちゃんと住む国の言葉を勉強しましょう。

外国語が話せない事や日本語訛りに対して、馬鹿にしたり嫌味を言ってくる義両親も実際にいます。

そう言う人達は非常識なので無視していいです。

関係が濃すぎてプライバシーがない

クリスマスパーティなど家族イベントが多く義理の家族と過ごす時間が長い!しかも泊まりがけで。ただでさえ日本人にはトゥーマッチ。

国際結婚の悩みクリスマスが辛い
日本でいうお正月?国際結婚の悩みで多いのが義理の実家や親戚の家で行われるクリスマスパーティ。義理の実家に行きたくない日本人妻(夫)多いんです。

休暇に突然、長期間泊まりに来る義理の家族もいます。

我が家の義母のように人の家の寝室に勝手に入ってベッドに寝転がったり、勝手にクローゼットや冷蔵庫を開けたりと、我が物顔で過ごす義理の家族も少なくありません。

悪意のない人種差別

外国人を受け入れてくれない義両親も時々います。

表面上は良くしてくれていても、言葉の節々に人種差別的な思考が隠れていたりすることも。悪意がなくても嫌ですよね。

国際結婚で義理の両親とうまくいっている人の特徴

  • あまり気にしない性格
  • はっきり物が言える
  • 義両親と対等でいられる
  • 周りに振り回されにくく自分軸で行動している

いい意味で自己中心的な方がうまくいくのかも。

対策

黙っていては外国人の義両親にわかってもらえない

カナダではストレートに物を言う人が多く、日本のようにこちらの思いを汲み取ってくれる人はあまりいません。空気を読む文化ではありません。

自分もはっきり言いたいことを言わないと精神病みます。

我慢するより言いたいことは言ってしまった方がいいです。おかしな事言っちゃったかな?強く言い過ぎたかな?と思っても、すぐに忘れてくれる人が多いので特に気にする必要もなし。

そんな時、「言いたい言葉が出てこない」となると悔しい思いをすることになります。

もっともっと言いたいことを言えるようになりたいと思ったら、やはり勉強するしかないです。国によっては無料の移民向けESLコースがあるので、そういう制度を活用するといいでしょう。

こっそり勉強して義両親を言い負かしちゃいましょう。

パートナーを味方につける

残念ながら、妻よりも自分の両親の味方についてしまうパートナーも世の中にはいらっしゃいます。

しかし国際結婚で相手の国に住んでいる場合パートナーが味方してくれなかったら誰が自分の味方をしてくれるのでしょう。

しかし、絶対に義両親の悪口をパートナーに言ったらいけません。

「お義母さんにこんなことを言われたの。どう思う?」としおらしく伝えた方が無難です。普通の感覚をお持ちの人なら自分の妻と両親のどちらが正しいかちゃんと分かってくれるはずです。

パートナーが味方してくれないなら「日本に帰らせていただきます」と言って航空券を予約しちゃってもいいんじゃないですかね(笑)

割り切ることも大切

相性が合わない人とは友達になれないように、夫の両親だからと言って自動的に仲良くなれるわけではありません。実の親にだって同じことが言えます。

それならば無理に仲良くしようとせず、「合わないから仕方ない」と割り切ることも大切。

無理に義理の両親に気に入られようとする必要もありません。日本人は気を使い過ぎかも?

嫌なものは嫌、やりたく無いことはやらないなど、もっと自分中心になってもいいのではないでしょうか。